海外ドラマ

スーパーナチュラル シーズン1のエピソード19「 呪われた肖像画 Provenance」【あらすじ&感想】

サムとディーンとインパラ

こんにちは!

以前、”スーパーナチュラル シーズン1【まとめ&感想】”を書きました。

今回は、その中からお気に入りのお話、エピソード19を詳しく書いていきますね!

ちなみにこの記事はネタバレを含みますので、もしネタバレを読みたくない方はお気をつけください

目次から、読みたいところだけクリックして読んでみてくださいね^^

スーパーナチュラル シーズン1 【まとめ&感想】〜悪霊ハンターの兄弟サムとディーンが”超常現象(スーパーナチュラル)”に挑むアクション・サスペンス・ホラーこの記事ではスーパーナチュラル シーズン1のまとめと感想をご紹介します! スーパーナチュラルはシーズンを追うごとに、ストーリーが壮大な...

スーパーナチュラル シーズン1のエピソード19「 呪われた肖像画 Provenance」【あらすじ】

プロローグ

物語は、ある一家の古い肖像画から始まります。

その少し気味の悪い肖像画は、裕福な若い夫婦によってオークションで買われてきました。

豪勢なモダンな家にクラシックな大きな絵。
妻は気味悪がりますが、夫はご満悦です。

不気味な肖像画

先に妻はベッドに入り、夫がシャワーから戻ってくるの待っています。
夫がシャワーから戻ってくると、とんでもない光景を目にします。

妻はベッドの中で血を流した状態で息絶えていたのです!

そして夫の背後に人影が忍び寄り、夫の命も奪われてしまうのでした・・・。

サムとディーンはオークションハウスへ

この事件を知ったサムとディーンは、早速亡くなった若夫婦の家へ調査へ向かいます。

ですが、この家や住人に超常現象は見当たりません。
サムとディーンは、この夫婦の持ち物に何か取り付いていると推測しました。

この若夫婦の持ち物は美術品が多く、すぐにオークションにかけられてること知り、2人はオークションハウスへ向かうのでした。

そこでサムとディーンは例の肖像画を見つけます。

サムオークションハウスのオーナーの娘、サラと意気投合し、この肖像画の来歴書(Provenance)を見せてもらうことができました

そして来歴書を調べてみると、この絵のを過去に買った人たちは全員命を奪われていることが分かったのです。

この肖像画には邪悪なものが取り付いていて、所有者たちの命を奪っている。

そう考えたサムとディーンは、夜中にこのオークションハウスへ忍び込み、肖像画を盗み出します。

そしていつもの悪霊退治と同じように、取り憑かれたこの肖像画を燃やしました。

一件落着、事件は解決するはずでした。。。

不気味な肖像画の謎

事件を解決して街を出るはずのサムとディーンでしたが、ひょんなことからまたオークションハウスへ訪れます。

するとそこには昨夜焼いたはずの肖像画が、綺麗なまままた飾られているではありませんか・・・!

綺麗なままの肖像画

サムとディーンは、悪霊が肖像画に取り付いているのではなく、この肖像画に書かれた人物に何かあるのだと確信します。

そこで、大きな図書館でこの肖像画の家族について調べることにしました。

すると驚くことが分かりました!

この肖像画に描かれている主人が、一家全員の命を奪ったということ。
まず子供の喉を、次は妻・・・。
彼は床屋だったので、凶器はカミソリでした。

そして、この主人は厳格で荒っぽい性格だったので、妻と2人の息子と1人の養女は、この主人に絶対服従を強いられていたのでした。
耐えかねた妻が子供を連れて家を出ようとしましたが、逆上した主人に一家全員、喉をかき切られてしまった・・・

この肖像画にはそういわくが付いていたのでした。

さらに驚くことには、図書館の資料に載っている元の肖像画と、サムとディーンが見た実際の肖像画微妙に変わっていたのでした。

元の肖像画

肖像画の主人が、家族を殺したように、絵から抜け出してこの絵の所有者たちの命を奪っている・・・

サムとディーンはそう推理しました。

新たな被害者

さらなる事件が起こることを食い止めるため、サムはこの肖像画を買いたいと、仲良くなったオーナーの娘サラに申し出ます。

ですが一足早く、すでにその肖像画は新しい所有者の元に売られていました。

サムとディーンは急いで新しい所有者の元へ向かいます。
するとそこにサラもかけてつけて来ました。
新しい所有者はサラの友達でもあったのです。

ですが事すでに遅し、新しい所有者はすでに息絶えてました。

新たな被害者

サムとディーン、そしてサラは一緒に事件の解明を始めます。

そして肖像画の中に解決へのメッセージが隠されていることに気づくのです。

元々の絵と、今の絵の違いは、カミソリの刃が開いていることと、肖像画の中の絵に霊廟が描かれていることでした。

そのヒントを手がかりに、3人はこの一家が埋葬されている霊廟を突き止めます
ところが犯人である主人だけが別のところに埋葬されていました。

霊廟

悪霊である主人の遺体を焼く。

今度こそ事件は解決のはずでした。

本当の犯人は・・・・

肖像画の主人の骨を焼くことができたので、次は肖像画自体も処分すべく、3人は最後の被害者の家に向かいます。

サムサラだけが家に入りますが、2人は何か超常的な力によって家に閉じ込められてしまいます。

そして、肖像画がおかしいことに気づくのです。

女の子がいない・・・

カミソリが消えている・・・

そう、本当の犯人はこの一家にもらわれてきた養女だったのです!

絵から抜け出してきた少女この女の子が絵から抜け出して、絵の所有者達の命を奪ってきたのです。
主人は犯人ではなく、女の子を見張っていただけなのです。
ずっとこの絵の中で警告し続けてきたのです!

女の子はサムサラにカミソリで襲いかかっていきます。

事態を知ったディーンは急いで霊廟に向かいます。
そして女の子の遺物を燃やすことで、サムサラを救うことができました。

エピローグ

事件の真相はこうでした。

一家は少女を養女にした。
それはなぜか?
少女の家族がみんな殺されてしまったから。

誰も少女を疑わなかった。
そしてこの一家の命も奪われ、主人が犯人にされた。

やっと事件は解決しました。

サムとディーンはこの街を去ります。

サムサラは別れを惜しみました。

スーパーナチュラル シーズン1のエピソード19「 呪われた肖像画 Provenance」」【感想】

このエピソードも大好きなものの一つです!

何が面白いかって、よく出来たストーリーだからです。
構成がしっかりしていて、二転三転するのがいいですね。

今見ると、他でもありそうなストーリーですが、当時(10年以上前)はとても斬新でした!

さてさて、今回はスーパーナチュラルで私が気に入っているところが二つ出てきました。

それは、2人が泊まる個性的なモーテル
それと裏で流れる恋愛模様です!

転々とするモーテル暮らし

サムとディーン超常現象(スーパーナチュラル)を追ってアメリカ中を旅しますよね。

なので家がないんです。

モーテルと愛車のインパラが彼らの家なんです。

(シリーズ後半では拠点ができますが。)

その、毎回毎回出ているモーテルが時々個性的で・・・

今回出てくるモーテルも個性的でしたね!

モーテル1オシャレ〜!

カッコイイ〜!!

でもサムとディーンはこんな顔(笑)

ストーリーと関係ない、なくてもいいシーンなのに、こういう遊び心がファンの心を掴んできたのかもしれませんね!

裏で流れるラブストーリー

サムとディーンの、女性キャラを取り巻く恋愛模様も面白いところの一つですよね!

超常現象を追って転々と旅するサムとディーン

なのでステディーなお付き合いはなかなかできません。。。

それでも出会いは起こります。

今回は、ジェシカを殺されてから恋愛には心を閉ざしてしまっているサムに恋が訪れます。

オーナーの娘、サラオークションハウスのオーナーの娘サラです。

サラは育ちのいいお嬢様。

お母さんを1年前に亡くしてから心を閉ざしてしまっていたけど、やっと立ち直れたところ。

そんな時にサムと出会います。

サムとサラ明らかに育ちが違うサムサラはそれでも惹かれあっていきます。

お似合いですよね!

サラはお嬢様だけど、気さくで前向き、責任感が強くて危険の中にも飛び込んていける気丈な女性です。

ディーンサムに「彼女に行け!」と猛プッシュします!

サムとサラのキスシーンその甲斐あって(?)最後は気持ちが通じ合いましたね♡よかったですね♡

(個人的にはサムのラブシーンを暖かい目で見守るディーンがツボでした笑)

 

シーズン1のエピソード19「 呪われた肖像画 Provenance」は、とっても怖〜い話と、ほのぼのサムサラの恋愛模様が絶妙なバランスで溶け合って、いい味を出していましたね。

それでは今回はこの辺で。
これからもスーパーナチュラル の記事を書いていきますのでよかったらチェックしてくださいね!

スーパーナチュラル シーズン1のエピソード1「悪夢のはじまり Pilot」【ストーリー&感想】こんにちは! 以前、”スーパーナチュラル シーズン1【まとめ&感想】”を書いてみました。 今回は、その中からお気に入りのお話、エピソ...
sam&dean
スーパーナチュラル シーズン1のエピソード9「帰宅 Home」【あらすじ&感想】こんにちは! 以前、”スーパーナチュラル シーズン1【まとめ&感想】”を書いてみました。 今回は、その中からお気に入りのお話、エピソ...