海外ドラマ

スーパーナチュラル シーズン1のエピソード1「悪夢のはじまり Pilot」【ストーリー&感想】

こんにちは!

以前、”スーパーナチュラル シーズン1【まとめ&感想】”を書いてみました。
今回は、その中からお気に入りのお話、エピソード1を詳しく書いていきますね!

スーパーナチュラル」の初めの話ってどんなだったけ?と気になる方、ぜひ今日の記事を読んで思い出してみてくださいね。

ちなみにこの記事はネタバレになってるので、もしネタバレを読みたくない方はお気をつけくださいね

ネタバレを読みたくない方は、目次から【ストーリー】は選ばず、【感想】の項目をクリックして読んでみてください^^

スーパーナチュラル シーズン1 【まとめ&感想】〜悪霊ハンターの兄弟サムとディーンが”超常現象(スーパーナチュラル)”に挑むアクション・サスペンス・ホラーこの記事ではスーパーナチュラル シーズン1のまとめと感想をご紹介します! スーパーナチュラルはシーズンを追うごとに、ストーリーが壮大な...

スーパーナチュラル シーズン1のエピソード1「悪夢のはじまり Pilot」【ストーリー】

それではみていきましょう!

22年前のあの日・・・

物語は22年前のカンザス州ローレンスに住む、まだ若い頃のウィンチェスター一家に起きた超常的な事件からはじまります。

※ちなみにカンザス州ローレンスはここ↓※google mapより

カンザス州ローレンス
アメリカのど真ん中ですね!

ではでは進めていきましょう。

まだ年若い夫婦、ジョンメアリーは、4歳になるディーンと赤ん坊のサムと一家4人で平凡で幸せな生活を送っていました。

ところがある夜、赤ん坊のサムの部屋に得体の知れない存在が現れます。それに気が付いたメアリーが悲鳴をあげ、ジョンがかけつけると、とんでもない光景を目にします。

妻のメアリーが天井に磔にされて、燃えているではありませんか!

ジョンは慌てて赤ん坊のサムをディーンに託し、外に逃します。
そしてメアリーを救おうとしますが、なすすべなくジョンは妻を失ってしまいます。。。

ここからこの、約15年にわたる「スーパーナチュラル」のシリーズが始まるわけですね!

そして時は現在。サムはスタンフォード大学の学生に

シーンは現在に切り替わります。

22歳、好青年に育ったサムは、家族と離れ、スタンフォード大学に通いながら金髪美人の恋人ジェシカと一緒に暮らしています

ちなみにスタンフォード大学はここ↓※Google mapより

学業優秀なサムは、次の月曜日にロースクールの面接があり、合格すれば奨学金がもらえることになっています。サムが望むのは、平凡でまともな、安定した暮らし弁護士になってジェシカと結婚して家庭を持つ、そんな夢の為に努力をしていました。

何故ならサムの父ジョンは、妻のメアリーが死んでから、復讐の為に悪霊ハンターになり、子供であるサムとディーンを戦士のように育てたからです。そんな特殊な環境が嫌気がさし、また父への反発からサムは1人、家を飛び出し、普通の生活を送っていたのでした。

だから、サムにとって月曜にあるロースクールの面接は、将来がかかった大きなものだったのです。

ところが・・・

家族と離れ連絡を絶ってから2年も経っていましたが、ある夜、突如兄のディーンが現れます。(というより、不法侵入してきます)

ディーンは父が狩り(悪霊狩り)に出た後、何日も帰ってこないとサムに告げます。狩りは命をかけた危険な仕事です。サムもその一言で事態の深刻さを一瞬で理解します。

ディーンはサムに、父を探す為に一緒に来てほしいと頼みます。

ですが、2日後の月曜日には、将来がかかった大事な面接があります。。。

サムは迷いますが、面接までに戻ることを条件に、ディーンと一緒に父探しをすることにしぶしぶ了承しました。

恋人のジェシカは、今まで家族の話がタブーだったサムの前に突如現れた兄と、大事な面接を目前に控えたこの週末を「家族と過ごす」と言うサムのことを心配しました。

初めての兄弟2人での狩りへ

ディーンが言うには、父はカリフォルニア州ジェリコで連続失踪事件を調べていたが、3週間前から連絡が途絶えたのこと。

そして、父からの最後の通話を確認すると、「私は家に戻れない・・・」と言う女性の不気味な声が雑音の中から聞こえてくるではありませんか!

やはりこれは悪霊が絡んだ事件なのでしょう。

2人は早速、愛車のインパラでカリフォルニア州ジェリコへ向かいます。

ちなみにジェリコはここ↓※Google mapより

白いドレスの女

シーンはジェリコへ切り替わります。
若い男性が夜道を車で走っていると、白い服を着た物憂げな美女が立っています。

(キャーーーーー!!怖ーい!!!泣)

女は若い男性に「うちに送って」とお願いします。
男性はまんざらでもなく、女を車に乗せます。
女は「私、綺麗?」と男性を誘惑します。(怖〜〜い!)

男性は女との一夜を期待し、彼女の家に向かいますが、着いてみると、そこはもう人の住んでいないボロ屋でした。

女は「家に入れないのよ」と言い、姿を消します。

恐くなった男性は急いで車で元の道を引き返します。

が、

気がつくとバックシートに消えたはずの女が乗っているではありませんか・・・!!

そして男性は悪霊の女に橋の上で殺されてしまいます。

サムとディーンの聞き込み

ジェリコに着いたサムとディーンは、橋の上で警察が調査をしているとこに出くわします。
ディーンは手慣れた様子でFBIの偽身分証を出し、警察から事件の話の内容を聞き出します。

そして街に出た2人は、今度は殺された男性の彼女から話を聞くことに。
そこで興味深い噂話を聞きます。

ハイウェイで女の人が殺された。それから女の人の幽霊がヒッチハイクをするようになった。彼女を乗せた人は失踪する。」と・・・・

サムとディーンはネットで過去の事件を検索し、ある記事を見つけます。

それは、1981年に21才だった女性が自殺したというもの。そして自殺する直前に警察に本人から通報があり、「子供2人を風呂に入れ、ちょっと目を話した隙に2人とも溺死してしまった」と。

サムとディーンは改めて橋に向かうと、そこで女の幽霊が身投げするシーンを目撃します。
それは幽霊からの「嗅ぎ回るな」という警告だったのです。

父の痕跡

2人は宿に向かいますが、そこは偶然にも父が失踪前まで泊っていた宿でした。
壁一面に、調査の痕跡が・・・
そこで父もこの事件の真相を突き止めていたことを知ります。

そこへ運悪く警察がやってきます。

偽の身分証で事件のことを聞いたり、父の行動を不信を感じた警察官が、ディーンを連行します。かろうじてサムはその場から離れ、捕まらずにすみました。

父の手帳

ディーンは警察から例の連続失踪事件の容疑者として取り調べを受けます。

警察はディーンの前に1冊の古びた手帳を出します。

それは父ジョンが、長い間書き溜めた悪霊に関する情報が書かれた大切な手帳でした。

そこにはディーンへ謎のメッセージが記されていました。
“DEAN 35-111” これは一体何を意味しているのでしょうか?
ディーンは一瞬で理解したようでした。

そしてサムに手伝ってもらい、あっさりと警察から脱走します。

事件の真相

一方、ディーンが警察から取り調べを受けている間、サムは淡々と事件の真相に迫っていきます。

訪れたのは、自殺した女性の夫の仕事場。
サムは夫から聞き取りをします。
そして持ち前の洞察力で事件の真相に辿り着くのです。

それは・・・

生前、夫に裏切られた妻が一時的に錯乱状態になり、自分の子供を殺害してしまった。正気に戻って自ら命を絶つが、天に召されることなく魂はこの世に彷徨い続ける。だから不実な男性を見つけては殺し失踪にみせかけて恨みを晴らしている

のだと。

いよいよ悪霊退治へ!

夜道、サムは愛車インパラを運転しながらディーンに電話で事件の真相を話しています。
すると道に突然、白いドレスの女が現れます

(キャ〜〜〜〜〜〜!!怖)

女はサムを誘惑し、家まで送ってもらうようにお願いしますが、サムは断ります。

すると女は不思議な力で車を動かし、サムを無理やり家まで連れ去ってしまいます。

女はサムを殺そうとしますが、殺せません。
何故ならサムは浮気をしたことがないからです。
そう、この女の幽霊は不実な男性しか殺すことができないのです。

何としてもサムを殺そうとする幽霊の前にディーンが現れ、危機一髪、サムを救い出します。

サムは「家に入れない」と言う女を、車に乗せたまま、無理やり家に戻します。
女は殺してしまった子供たちに後ろめたく、家に入ることができなったのです。

↑暗くて見えないけど、女が住んでいた家です。今は誰も住んでいないので廃墟になっています。

家に入ると、階段から水が流れてきます。
子供が溺死したお風呂の水なのでしょう。

ママが戻ってきてくれた・・・

そこへ死んだ子供たちが現れます。(ヒエ〜〜〜泣)

そして子供の霊が女を(地獄へ)連れて去ってしまうのでした。

サムの決意

事件は解決し、ディーンはサムを愛車インパラで家まで送り届けます。
ディーンは息がピッタリあうサムと、これからも一緒に狩を続けようと言いますが、サムには大切な約束があります。

そう、月曜日(明日)のロースクールの面接です。

サムは今回のみの約束で狩りに付き合いました。
サムには平凡で安定した人生を歩むという夢があります。
それはどうしても譲れません。

ディーンは別れを惜しみますが、サムは元の生活に戻ることにホッとしているようです。
ですが、音信不通だった関係は改善され、元の兄弟に戻れたことは確かです。

サムは家に着きますが、ジェシカは居ません。
どこか出かけているのでしょうか?

サムは疲れを癒すために自分のベッドに横になります。
悪霊から離れ、やっと日常に戻ってきました。
とてもホットしているのでしょう。

何かおでこに水滴なようなものが落ちてきてます。

目を開けると天井には・・・

母と同じように磔にされ火あぶりにされる恋人のジェシカの姿が!!

そして、サムは恋人ジェシカの仇を取るため、父と同じようにハンターになる道を進むことを決意するのでした。

スーパーナチュラル シーズン1のエピソード1「悪夢のはじまり Pilot」【感想】

・・・・Amazon PrimeVideoでこのエピソードを流しながら、夜中に1人でこの記事を書いています。怖いなんてもんじゃない!!この話はものすごく怖い方でなかったはずなのに・・・もっと怖いエピソードもあるのに・・・これから記事を書いていくのに先が思いやられます(泣)。次回からは昼間に書こうと心に誓いました!

さてさて、始まりの中の始まりのエピソードいかがでしたか?思い出しましたか?

私がなぜこのエピソードが好きかっていうと、ストーリーの構成がとてもよくできているからです。このシリーズのテーマは何なのか?なぜウィンチェスター親子がハンターになったのか?「親父を探す」という一つの道筋を持ちながら、これから一話完結のように悪霊を退治していきます。ですが、悪霊退治の裏で物語の謎が少しずつ明かされていくのです。

またサムとディーンのキャラをこの短時間(47分)の中で「これでもか!」というほど散りばめられているのもいいですね!

よく練られたストーリーとキャラでありがながら、観ている時には引き込まれているので客観的ではいられません。今回この記事を書くにあたって冷静にストーリーを追うことができたので、私自身、とてもいい勉強になりました!

次回はエピソード9 「帰宅 ”Home”」のストーリーを追っていきたいと思います。

是非楽しみにしていてくださいね!
それではまた。

 

 

RELATED POST